HOME > 病院からのお知らせ > 王司介護医療院 運動会

病院からのお知らせ

2019.05.21 王司介護医療院 運動会

爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


さて、日本では元号が「平成」から「令和」に元号が変わりました。


日本最古である歌集「万葉集」の序文である「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」の一節から2文字を引用されました。素晴らしき新年号に変わり、介護医療院の皆様は本日も元気に過ごされています。


令和1514日に王司介護医療院では、第1回目の運動会を行いました。記念すべきだ第1回の運動会のプログラムは、


     1.選手宣誓


     2.玉入れ


     3.輪送り


     4.応援合戦


     5.仮装じゃんけんゲーム


     6.2人3脚ラムネ一気飲み(職員)


     7.採点結果


全て一から職員が企画を出し合い、旗の飾りつけや競技の準備などを行い、準備を進めてきました。


 



赤組と白組に分かれ、玉入れや輪送りなどを行いました。日頃からレクリエーションで練習をしていた成果を出すことができ、皆様とても楽しまれていました。職員もしっかりと応援に励みました。


 


 


続いて、職員が仮装を行い、仮装じゃんけんゲームを行いました。職員と入所者の皆様がペアとなり、赤組と白組の対決です。職員が衣装を着飾って、じゃんけんに負けたら、徐々に着飾っている物を外していくというゲームです。


最後は、職員競技による2人3脚ラムネ一気飲み対決を行いました。職員も燃えて、とても笑顔溢れる素敵なひとときとなりました。


 


 


 


 


 


 


運動会の結果は、今回は白組60点 対 赤組40点 で白組が勝利しました。 記念すべき、第1回目の運動会は白組が勝ち、万歳三唱。


最後は、赤組も白組も仲良く、ヤクルトで乾杯して運動会を終了しました。


 


第1回目の運動会は入所者の皆様から大盛況でした。職員も初めての運動会行事でしたが、ゼロから作り出し、入所者様、職員一同も楽しく過ごすことができました。


 入所者様の笑顔、御家族の笑顔が職員一同の糧となっており、気がつけば職員も一緒に楽しみ、笑顔が溢れた王司介護医療院となっております。


明治から大正、大正から昭和、昭和から平成、平成から令和へと世代を超えて、入所者様同士の寄り添い、職員との寄り添い、御家族同士の寄り添いで日々、様々なことを学ばせて頂いております。


6月の行事は、入所者様、職員共同で制作した文化祭を予定しております。

病院からのお知らせ
回復期リハビリテーション
採用情報
日本医療機能評価機構認定病院 認定第JC2256号